mineo(マイネオ)とは、関西電力グループのケイ・オプティコムが提供する、全国で使える格安スマホのことです。

 

少し前まで、スマホ(携帯電話)は大手キャリア(ドコモauソフトバンク)の選択肢がありませんでした。

 

現在は、大手キャリア(ドコモauソフトバンク)に加えて、料金の安い格安SIM(格安スマホ)を扱う業者(mineo(マイネオ)YmobileUQmobile等)などの、新しい回線業者があります。

 

 

最近、契約件数100万回線を突破し、顧客総合満足度1位iphone利用者シェア1位になった、コスパが良いと評判mineo(マイネオ)につい紹介したいと思います。

mineo(マイネオ)料金について

格安SIM(格安スマホ)ということで、料金がいくらになり、乗り換えることで、どれだけ節約できるかが気になると思います。

 

私の契約を例に紹介したいと思います。

 

まず、契約しているauショップへ行き、過去3ヵ月のデータ使用量を、確認しにいきました。
そこから、最大使用量と、平均使用量を確認しました。

 

mineo(マイネオ)でのプランの検討に参考になります。

 

私の場合、平均1GBちょっとで、最大でも2GBで程度でした。
ですので、データ使用量に気を付ければ、1GBでも足りる可能性はありますが、少し余裕を持ちたいので、データ使用量は2GBで十分と考えました。

 

また、電話は、かける回数は多いが、1回の通話が10分以内で済んでいました。

 

 

データ使用量:2GB以下
音声通話:必要(10分以下)

 

 

auからの乗り換えなので
Aプラン

 

デュアルタイプ(データ通信+音声通話)

 

データ使用量:3GB:1,510円

電話かけ放題:850円

 

スマホ代を節約するならmineo(マイネオ)h

 

合計:2,350円

 

 

 

毎月携帯代に1人、7200円で払っていました。
結構、使わないデーター量等がありました。
mineo(マイネオ)に乗り換えることで、4850円の節約になります。
1年で58,200円の節約になります、2年で116,400円の節約になり、パソコンが買えます。
(実際にノートパソコンを買い替えました)

 

 

 

料金プランは下記のようになります。

 

●データプラン

 

Aプランはau回線、Dプランはドコモ回線を使うプランです。

 

シングルプランはデータ通信のみで、デュアルプランはデータ通信+音声通話(通話料は別途必要)の2種類です。

 

 

 

Aプラン(auプラン)
スマホ代を節約するならmineo(マイネオ)h

 

Dプラン(ドコモ)
スマホ代を節約するならmineo(マイネオ)h

 

 

 

 

●音声通話プラン

 

 

スマホ代を節約するならmineo(マイネオ)h

 

通常、スマホの通話料は20秒/30円が一般的です。
mineo(マイネオ)では、「mineoでんわ」(公式アプリ)を使うことで、通話料を半額の10秒/30円になります。

 

また、オプションで月額850円で「10分かけ放題」というオプションがつけることができます。

 

10分かけ放題」・・・1回の通話が10分以内なら通話料が無料になるオプションです。
(10分以内の電話を頻繁にかける場合はおススメのオプションです)

 

 

データー分け合い

マイネオ(mineo)のお得な特徴として、みんな(家族、友達、マイネオユーザー)でパケットをシェアできるんです。
下記のサービスがあるので、パケットを無駄なく利用できます。

 

 

フリータンク

:マイネオ(mineo)コミュニティサイト「マイネオ王」で、マイネオ(mineo)ユーザーに余ったパケットをみんなのパケット貯蔵庫へ寄付しシェアしあえます。

 

パケットギフト

:パケットを誰とでも分け合えるサービスで、友達とも余ったパケットを分け合えるので、無駄が省けます。

 

 

パケットシェア

:家族の誰かが繰り越した分のパケットを分け合えます

 

 

 

 

では、使用量が基本データ容量を超えてしまった場合はどうなるかというと、

 

100MB(150円)単位で追加チャージで高速通信が再び使えます。

○ チャージしたデータ容量の有効期限は、翌月末まで
○ 一度に購入できるのは1GB(100MB×10口)まで
○ チャージできるデータ容量の上限は15GB/月

 

追加チャージしなくても、最大速度200kbpsでデータ通信できます。

○ auプラン(Aプラン)のみ、ネットワーク混雑回避のために、直近3日間(当日を含みません)に6GB以上のご利用があったお客さまについては、KDDI社より通信速度が終日制限される場合があり

 

スマホの対応機種が豊富

マイネオ(mineo)に乗り換える時、今使っているiphoneやAndroidなどの、スマホを使うことができます。

 

マイネオ(mineo)のSIMを挿すだけで使えます。

 

 

ただし、SoftBankユーザーSIMフリー化した端末であれば使えす。

 

電波の繋がりやすさ

電波状況や品質は、もともとドコモやauの設備・回線を利用しているため、電波の繋がりやすさや品質は低下しないので、安心して利用できます。

今までのスマホとの違い

mineoにすることによって、今までのスマホでできたことが、できなかったりするのは不安ですね。
簡単にできること、できないことをまとめてみました。

 

今までのスマホと同じこと

 

スマホ代を節約するならmineo(マイネオ)h
→インターネットは今まで通り同じです。

 

 

 

スマホ代を節約するならmineo(マイネオ)h
→電話は今までの品質でできます。

 

 

 

スマホ代を節約するならmineo(マイネオ)h
→電話番号もそのままで利用できます。

 

 

 

スマホ代を節約するならmineo(マイネオ)h
→デザリングにも対応(一部できない機種があります)

 

 

 

スマホ代を節約するならmineo(マイネオ)h
→乗り換え前の機種を使えば、インストールしたアプリはそのまま使えます。

 

 

 

 

今までのスマホと違うこと

 

 

スマホ代を節約するならmineo(マイネオ)h
→乗り換えた場合、今まで使っていたメールアドレスは使えません。

 

 

スマホ代を節約するならmineo(マイネオ)h
→LINEのID検索はできません。

 

 

スマホ代を節約するならmineo(マイネオ)h
→回線は時間帯により混雑し、速度が落ちることがあります。

 

 

スマホ代を節約するならmineo(マイネオ)h
→長時間の通話は費用がかかるのでむいていません。

 

 

mineo(マイネオ)の良い点悪い点

mineo(マイネオ)は良い点、悪い点を簡単にまとめてみます。

 

良い点

フリータンク

パケットギフト

パケットシェア

などの、パケットの不足を助け合いで補えるサービスがあること。

 

 

 

悪い点
混雑する時間帯で、通信速度が低下すること。
(料金の安さでカバーしていると思いますが。。。)