大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)であっても、良いところ(メリット)・悪いところ(デメリット)はあります。

 

携帯(スマホ)を乗り換えるにあたって、デメリットを知ることは、メリットを知ることと同じくらい大切なことです。

 

契約後、こんなデメリットがあったなんて知らなかった。。。。

 

と後悔しないように、mineo(マイネオ)のメリットとデメリットを、正しくしった上で、乗り換えてください。

 

 

メリット

 

1:ドコモ・auの回線を利用しているため、通信品質は安心。

 

 

2:格安スマホでは通信速度は安定して速い。
 (混雑時は遅くなる場合がある)

 

 

3:みんな(家族、友達、マイネオユーザー)でパケットをシェアできる。

 

 

4:「データ繰越」機能で、余った通信量は翌月に繰り越しできる。

 

 

5:最低利用期間や違約金がない。

 

 

 

 

 

1:ドコモ・auの回線を利用しているため、通信品質は安心。

 

mineo(マイネオ)はマルチキャリアに対応しているため、auプランとドコモプランが選べます。

 

 

マルチキャリア対応の利点は、au端末・ドコモ端末でもSIMロック解除をしなくても利用できます。

 

 

今まで、利用してきたauやドコモから乗り換えるのはとても簡単です。
(ただし、ソフトバンクの端末は、SIMフリー化をすればmineoでも使えます)

 

 

 

auプラン(Aプラン)

ドコモプラン(Dプラン)

エリア

データ 通 信 :au 4G LTEサービスエリア

音声通話:au 4G LTEサービスエリア※、

au 3Gサービスエリア

※ au VoLTE対応SIM、および対応端末での

ご利用時には、au 4G LTEサービスエリアとなります。

データ 通 信:Xi(クロッシィ)エリア、FOMAエリア

音声通話:Xi(クロッシィ)エリア、FOMAエリア

 

 

 

2:格安スマホでは通信速度は安定して速い
 (混雑時は遅くなる場合がある)

 

どうしても、大手キャリア通信速度には劣りますが、格安スマホでは通信速度も速く、安定しています。
普通に使っている場合は不便を感じることはないと、口コミでよく目にします。

 

ただし、昼休み頃(12時頃)はみんながスマホを使い始めるため、回線が混雑し速度が低下することが多いようです。

 

 

 

3:みんな(家族、友達、マイネオユーザー)でパケットをシェアできる。

 

 

お得な特徴として、みんな(家族、友達、マイネオユーザー)でパケットを貰ったり、あげたりとシェアできます。
これが一番のメリットではないでしょうか。
1GB程度足りない場合などには重宝します。

 

パケットを無駄なく有効に活用できるサービスには以下のようなサービスがあります。

 

フリータンク

みんなが使わなかったパケットなどを、共通のタンクに寄付して、データ量を使いすぎて足りなくなった時、貰う機能です。
毎月最大1GBを無料で貰えます。
ただし、マイネオユーザーの善意で成り立っている機能ですので、パケットが余った時は、積極的に寄付するようにしたいものです。

 

チップ
役に立った情報に「ありがとう!」のチップ。面白いアイデアに「それ、いいね!」のチップ。ちょっとした気持ちをちょっとのパケットとしてプレゼントできます。

 

 

パケットギフト

 

余ったパケット(データ容量)を友達と余ったパケットを分け合えるサービスです。

 

 

パケットシェア

 

家族の誰かが繰り越した分のパケットを分け合えるサービスです。

 

このように、みんなの助け合いの機能で、余ったパケットを有効活用でき、
パケット不足時も助けてもらえたりと、パケット不足や使いきれないパケットで、
もったいないと思うこともなくなると思います。

 

 

4:「データ繰越」機能で、余った通信量は翌月に繰り越しできる。

 

使いきれなかった通信量は翌月に繰り越してくれます。
ただし、 繰り越したデータ容量の有効期限は翌月までです。

 

 

5:最低利用期間や違約金がない。

 

大手キャリアを含め、2年縛り(2年以内に解約した場合は違約金が発生)が多いと思います、しかし、mineo(マイネオ)は2年縛りはありません。

 

気軽にmineo(マイネオ)を使ってみることができます。使ってみて、違うと思ったらすぐに解約できるメリットは大きいです。

 

 

デメリット

 

1:通信速度が時間帯によって低下する
 (お昼時間などの混雑時)

 

 

2:完全かけ放題プランがない

 

 

 

1:通信速度が時間帯によって低下する
 (お昼時間などの混雑時)

 

mineoの一番のデメリットです。

 

お昼休みの時間帯などの、回線が混雑する時間帯には速度が低下することが多いです。

 

これは、大手キャリアの回線を利用しているためですが、それに見合うだけの安さがあります。

 

速度低下といっても使い物にならないような速度の低下ではないようです。

 

通常の使い方、ネットサーフィンや、LINEなどであれば、ストレスなしで使えているようです。

 

 

2:完全かけ放題プランがない

 

mineoでんわ」(公式アプリ)を使うことで、通話料を半額の10秒/30円になります。

 

また、オプションで月額850円で「10分かけ放題」というオプションがつけることができます。

 

10分かけ放題」・・・1回の通話が10分以内なら通話料が無料になるオプションです。

 

手間はかかりますが、10分以内で電話を一旦切って、再度かけなおすことを繰り返せば、存分に電話で話せます。

 

実質かけ放題みたいな感じかなと思いますが。。。